小児の時期における歯の健康管理は、大変重要な役割を担っています。乳歯を虫歯にしてしまうと永久歯が正しい位置に生えてこなかったり、さらに永久歯そのものも虫歯になりやすい環境となったりしてしまいます。

特に生え変わりの時期(5~6歳)には、3か月間隔での定期健診が望ましいとされています。

お子様の歯は、生涯にわたって健康な生活を送るための大切な財産です。
ぜひ小児の時期から、歯の正しい健康管理法を身に付けていきましょう。

歯磨きをする子供

当院では、歯科衛生士による歯のお掃除やブラッシング指導、ご希望により歯科医師によるフッ素の塗布などの予防歯科にも積極的に取り組んでいます。多くの皆さんに定期的・継続的にご利用いただいき好評を得ております。